一種の安心材料

友達からお金を借りるというのは非常にリスキーなことなので個人的には絶対に辞めたほうが良いと思います。確かに一番身近な人ですから少額なら問題ないだろうと感じてしまいがちなのですがその油断が後になって大変なことになることもあるからです。

例えば10万円貸してもらったとして返済日はいつでも良いという風に言われても貸した側というのはいつ返してくれるのだろうかと常に心配になってしまうことになります。これは貸した側でないとなかなか理解できない心理なのかもしれません。

しかし、借りた方はその言葉を真に受けてずるずると返済日を伸ばしてしまうケースが多かったりするわけです。こうなってくると最悪の場合返さなくても大丈夫だろうというような心理状態になってしまいますからもう本当に大変なことになってしまいます。

やはり、口でもいつでも良いといっていても心の中ではそろそろ返せよとか思っていたりするのが当然ですからね。そして、さすがに何カ月も返済がされないとなると我慢できなくなってマジで今すぐ返せよとかいう話になってきたりするわけです。

第三者視点から見れば「まぁ、そうなるだろうなぁ¬」と思えるわけですが借りた人というのはそこまで緊張感を持っていなかったりするというケースが意外にも珍しくありません。やはり、近しい人だからというのが一種の安心材料になっているのでしょうね。

しかし、親しき中にも礼儀ありというように例え友人でもその辺に関してはきちんとしておかないといけません。そうしないと、最悪の場合泥沼の争いになってしまうこともありますから金銭面に関しては誠実に対応することが絶対に必要になってくると言えるわけです。