一時の気の迷いで

結構勘違いしている人が多いのですが自己破産をしたからと言って必ずしも全ての債務が免責されるというわけではありません。自己破産には免責不許可事由というものがありますからそれに該当してしまう項目に関しては解決できないケースもあったりするわけです。

例えば債権者を害する目的でお金を借りたような場合というのがそれに当てはまることになってきます。融資を受ける時に返済せずにそのまま逃げれば良いという風な考えを持ってお金を借りた場合には免責を受けるということができなくなってしまうわけです。

また、借金ではないのですが不法行為をして損害賠償の請求をされている場合にはその支払いに関しては帳消しにしてもらうことはできません。そのため、どんな負債でも解決できるだろうと思いこんでいる人はこの点に関しては十分注意する必要があるでしょう。

また、ギャンブルによって作ってしまった借金に関しても免責不許可となる場合があるのでこのことは常に意識しておくようにすることが必要になってきます。当然ですがギャンブルの借金が簡単にゼロにできるのであれば貸金業者は成り立たなくなってしまいます。

もちろん、場合によっては裁判所から許しが出る場合もありますので100%不可能というわけではありませんのが原則としては厳しいと思っておいた方が良いでしょう。ただ、この辺の判断に関しては自分一人で行うのは危険ですので必ず法律家に相談することが大切です。

・・・それにしても借金を抱えることになる人というのは本当に様々な事情を抱えているということに驚かされます。普通に給料だけで生活している人には全く無縁の話なのですが世の中には一時の気の迷いで多額の負債を抱えることになる人もいるのです。